チャイルドマインダーと合わせて検討する資格

保育関連の資格について

チャイルドマインダーや保育士など、保育に関する資格には、いろいろと関連したものがあります。

関連資格は、それだけを持っているというメインの資格ではないものが多いですが、取得をすることで知識や出来ることが増えます。

そのメリットは、もちろん直接収入が増える場合もありますが、「小児救急救護法(小児MFA)」のように事故のリスク対策にもなりますし、「幼児体育指導者検定」や「認定子育てアドバイザー」「おもちゃコンサルタント」のように、自分のサービスに付加価値をつけられるケースもあります。

そして、何といっても「信頼関係」が強化されます。

子供さんの家族に対しては、「この人なら大丈夫」という安心感や信頼感を与えますし、仕事の関係者に対しても、知識や能力があるということを客観的に示すことができます。

デメリットは多少の時間と費用がかかるくらいでしょうか、当たり前なのでデメリットとも言えないくらいです。

機会があれば、積極的に取得されることをおすすめします。

具体的な内容は各個別記事をご覧ください。

保育関連資格

認定ベビーシッター

訪問型保育サービスのメリット ご存知のように、ベビーシッターは依頼主のお宅に伺って、お子さんをお預かりするという、訪問型の保育サービスです。 今の日本ではまだ「チャイルドマインダー」よりもよく知られていると思います。 ちなみに...
保育関連資格

育児セラピスト

育児セラピストとは 「育児セラピスト」は、一般社団法人日本アタッチメント育児協会が認定する固有の資格になります。 近年増加している未成年者の事件を始めとして、うつ病、引きこもり、不登校といった問題は、幼少期の親子関係や成育環境に原因...
保育関連資格

チャイルドケアライセンス

「チャイルドケアライセンス」という資格をご存知でしょうか。 海外では以前から類似資格が重要視されていましたが、日本で注目され始めたのは近年になってからです。 従来からあるチャイルドマインダーや保育士の資格などとは、全く異なる側面から...
保育関連資格

認定子育てアドバイザー

「認定子育てアドバイザー」というのをご存知でしょうか? その名もズバリ、「NPO法人 日本子育てアドバイザー協会」というところが認定している資格です。 「認定子育てアドバイザー」になると、企業や自治体などが企画・運営する、イベントや...
保育関連資格

認定病児保育スペシャリスト

認定病児保育スペシャリストとは、インフルエンザ、ノロウィルス、感染性胃腸炎をはじめ、様々な感染症への対応方法の他、子どもの病気に対する基礎的な看病の方法、無理のない遊び方など、病気の時の保育に特化したスキル・ノウハウを持った人であることを認...
保育関連資格

チャイルドアートセラピスト認定

本来子どもは感情を溜め込むことは少なくて、泣いたあとでもすぐに笑って次の行動に移れるものです。 しかし、表に現れない深層心理というものが誰にでもあります。 それが間違った認識や信念を持ったまま、トラウマになってしまうと、自分の感...
保育関連資格

ベビーマッサージの認定資格

ベビーマッサージは、赤ちゃん自身の身体や精神に、健全な発育をうながす効果があるのはもちろんですが、それ以上に、お母さんと赤ちゃん双方の愛情を深めて、絆を強くするということが重要です。 最近はオイル・マッサージや、アトピーを改善するとい...
保育関連資格

幼児体育指導者検定(幼体検定)

幼児体育指導者検定(幼体検定)は、(財)日本幼少年体育協会という団体が認定している、民間レベルの資格です。 幼児体育指導者の育成と普及を目的にしていて、協会では幼児体育指導者を、「幼児期の子どもたちに体育のおもしろさやすばらしさ、から...
保育関連資格

赤十字幼児安全法支援員

「幼児安全法」というのは赤十字が行っている活動で、乳幼児に起こりやすい事故とその予防方法、事故が起こった時の手当のしかた、及び乳幼児がかかりやすい病気の種類と発熱やけいれんなどの症状が出たときの対応のしかたを、習得することが目的です。 ...
保育関連資格

小児救急救護法(小児MFA)

小児救急救護法は小児MFA(小児メディック・ファースト・エイド)ともいいますが、MFAというのは、アメリカで1976年に創設された応急救護手当の訓練プログラムです。 CPR(心肺蘇生法)やAED(自動体外式除細動)の使い方まで組み込ま...